【犬の唾液】臭い・ネバネバ・多いは病気のサイン?

【犬の唾液】臭い・ネバネバ・多いは病気のサイン?

②新鮮な水を飲ませる


犬の口臭で悩んでいる飼い主さんは大変多いですね。

「何か体調に問題があるのでは?」と不安になる方も多いようです。とくに唾液が臭い、ネバネバしている、量が多いことが気になっていることが多く見受けられます。
でも、これらの症状は何かのサインかもしれませんよ。

唾液が臭い、ネバネバ、量が多いという3つのポイントは犬にとって何かのサインなのかも知れませんので解説をします。

犬の口(唾液)で気になる3つのトラブル

犬唾液

① 臭い


犬が飼い主を舐めようとしたり、食事で口が近づくと、なんだか嫌な匂いがすることがあります。その匂いで時には部屋中が臭くなってしう。


ネバネバ


犬の唾液の中からネバネバしたものが出ることがありのを見た飼い主さんは多いと思います。ボールで水を飲んでいると水の中に入ってしまうことがあります。

このネバネバが歯の表面に付着すると歯垢の原因になります。その付いた歯垢のなかで口の中の細菌が繁殖してしまい、歯垢はわずか数日で歯石にかわります。

私たち人間の歯石も同じで表面がザラザラしているので、次から次へと歯垢がついてしまいます。これが長期化すると歯肉炎や歯周病になってしまう可能性が高くなります。

個体差があるのは現状ですが、唾液がネバネバしている犬は歯垢がつきやすいともいわれています。

③ 唾液の量が多い


唾液の量が多いということは、一般的に「よだれ」が多いということです。ちなみに唾液とよだれの成分は同じです。

これも、犬種によっては、良くでることがあります。また、感覚は人間と同じように、食事の前などによだれが出ることもありますが、この場合は心配ありませんが、日頃からよだれが少ない犬が、いつもよだれが出ている状態のときは病気のサインかもしれません。


唾液が【臭い・ネバネバ・多い】の症状で考えられる病気

犬唾液

① 歯肉炎・歯周病

3つの症状から最も考えられるのが病気が歯肉炎・歯周病です。
3歳以上の犬の多くが歯周病になっているといわれるほどです。ポピュラーな病気です。
唾液の匂いやネバネバなどの原因の多くはこの歯肉炎・歯周病と考えられます。

唾液の成分にもよるのですが、犬の唾液は猫や人間に比べるとアルカリ性に傾いているといわれています。そのため数日で歯垢が固まって取りずらい歯石に変わってしまうといいます。

さらに、歯垢の中で繁殖した細菌が歯肉にまで影響を及ぼす結果、歯茎が腫れてしまいます。その歯肉炎は歯周病へ進行。進行してしまうと歯がぐらつき抜けてしまうことも考えられます。最終的にはアゴの骨が折れやすくなってしまう重病になってしまいます。

② 口内炎


犬の口内炎は、人間の一部にできる口内炎とは違い、とても痛みが強く口の中全体に広がつ特徴があります。そのためよだれが多く出ます。そのほか痛みでドッグフードをうまく食べることができなので食欲が低下してしまいす。

歯周病になる過程で口内炎になることもあります。
栄養不足、ほかの病気などが原因の場合もあります。

③ ガンやそのほかの病気


口の中に腫瘍ができている場合や肝機能・腎機能が低下している時も匂いが気になることがあるので注意が必要です。この場合は直ぐに信頼のできる獣医さんへの相談が必要になります。

病気への対策は?


実にいろいろな病気への原因にもなっている可能性があるのが唾液によるトラブルなんです。愛犬の症状がひどいときはすぐに動物病院へ連れて行くことをお勧めします。

歯垢や歯石は、取ってもらうことでこれらの症状が改善されます。
しかし、この処置には麻酔を使うことがほとんどです。
最近では麻酔を使わないで歯垢を取り除くこともできるようになっています。まずは掛かりつけの獣医師に相談することがベストです

予防こそ最大の解決策

① 歯磨きをする


犬の唾液やネバネバなどは、きちんと歯磨きをすることで予防することができます。
なるべく子犬の頃から歯磨きになれさせると、成犬になっても嫌がらないのでいいですね。成犬になって嫌がる子の場合は、遊びながら歯磨きになれさせるのも効果的です。
また口の指を入れることを嫌がるときは、歯茎を上からマッサージするだけでも違います。

② 新鮮な水を飲ませる

犬唾液


犬の飲み水がお皿に入っているときは、お皿の中に唾液やゴミが入っていないかをしっかり確認しましょう。水が汚れていては細菌を口の中に戻して繁殖させてしまう可能性があります。そのような口内環境は好ましくないので、もし水が減っていないときでも、こまめに水を取り換えてあげましょう。

③定期的に口内チェックをする


動物病院では犬の口の中は定期的にチェックしてもらいましょう。もし大きな以上の場合は入院、手術になってしまうこともあります。

さいごに


犬の唾液が臭い・ネバネバ・多いなどの良くみられることで、大きなトラブルにならないように飼い主さんが毎日の変化を気づき、しっかり予防をしてあげるのが大切です。その心があるからこそ信頼関係が築けると思います。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ